新着お悩み相談

お悩みから探す

治療方法から探す

全てのお悩み相談

  • 2024年5月22日  小学生 男性 この歯の矯正は保険適用になる事はないでしょうか?

    Q
    初めまして、こんにちは。
    息子(小学6年生)の歯並びについてなのですが
    この歯の矯正は保険適用になる事はないでしょうか?
    初診料もいくらか教えていただきたいです。
    学校の検診では噛み合わせを指摘されていますが
    歯医者に行ったら普通の矯正の案内をされてあまりにも高く諦めてしまいました。
    A
    広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
    残念ながら現在矯正治療が保険適用になる疾患は限られています。
    しかし歯並びだけでは保険適用にならなくても、当院HP-唇顎口蓋裂などの治療ー厚生労働大臣が定める疾患、に該当する場合は保険適用が可能です。
    https://www.hirose-ortho.com/cleftlip/
    特殊な疾患については、医科的な診断結果がなければ当院で判断することは難しいため病院からの紹介状が必要です。
    また初診の相談料は、¥3,300になります。
  • 2024年5月21日 女性 顎の後退が気になります。

    Q
    顎の後退が気になります。
    矯正すればマシになるのか、保険適用で治療できるのか、どのような治療法が良いのか教えて頂けたらと思います。
    よろしくお願いします。
    A
    広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
    送っていただいた顔写真から推測しますと、おそらく外科的矯正治療の対象にはならない
    と思います。
    つまり保険の適用ではない可能性が高いということです。
    歯並びや咬み合わせの状態が分かりませんのでこれも推測になりますが、矯正治療単独で
    前歯を後退させる目標設定になると思います。
    すると口元の突出感が軽減し、相対的に下顎の後退感も薄れます。
    【相談者さんからの返信】
    下顎を前に出して顎が出るような矯正は難しいでしょうか。
    【返信に対する回答】

    成長の止まった大人の方の場合は、外科的矯正治療以外では難しいです。顎変形症と診断できない場合は自費治療になりますので、高額な費用がかかってしまいます。

  • 2024年5月12日 養父市 女性 再矯正の相談も可能でしょうか?

    Q
    はじめまして。
    再矯正の相談も可能でしょうか?
    2019年〜2022年の間、矯正していました。
    【診断内容】
    上顎前突、叢生(凸凹)
    【治療方針】
    上下4番を4本抜歯、デーモンシステム(ワイヤー)装着

    ⚫︎現在の悩み⚫︎
    ①口が閉じにくい(※正面写真参照)
    ※顎の梅干しジワ、気を抜くと口を閉じていても歯が見えることがある。

    ②口を閉じているとだんだん顎が疲れてくる。
    ※オトガイ筋辺りの痛み?が出て、しんどい感覚になり、口を閉じるのが辛くなってくる。

    ③ガミースマイル
    ④開咬(※写真参照)
    奥歯だけ噛み合っていますが、前歯が噛み合わず。
    ⑤横顔(下顎後退)

    歯並びに関してはある程度揃いましたが、矯正後しばらくしてから②の症状が出始め、日常にも支障が出てきてます。
    また、開咬も矯正後にだんだん開いてきました。原因がわかりません。
    横顔は生まれつき顎が小さく、後退しています。
    限られた写真や情報で判断が難しいかと思いますが、顎変形症の可能性はありますか?
    一度来院して見ていただくことは可能でしょうか?
    A

    広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
    送っていただいた写真からは、下顎の後退と前歯部開咬状態が認められますので、
    顎変形症と診断される可能性は高いと思います。
    下顎頭の吸収等の問題がなければ、保険適用で上下顎の手術を併用する外科的矯正
    治療になるでしょう。
    相談の予約を取っていただければ、治療の進め方や外科手術をお願いする病院との
    連携などの詳しい話をさせていただきます。
    (TEL 078-576-0788)

  • 2024年4月20日 熊本県 女性 手術後に顎の歪みが残っています

    Q
    娘の事で相談させていただきます。
    今年1月に下顎後退、ガミー、上顎の傾きで手術しました。右上顎前歯部3ミリ後歯部4ミリ、左上顎3ミリ上げて、下顎も前に出しています。入院中は腫れてわからなかったのですが、上顎が傾いたままです。上顎に合わせて下顎も右下がりになって、口にも歪みが出ています。娘に検診の時に先生に聞きなさいと言っていますが、なかなか聞けないと言っています。口腔外科の先生も矯正の先生も、この歪みについて何も言われないそうです。
    私がついて行ければいいのですが、娘は遠方にいるので中々そうはいかず、そこで広瀬先生のこのサイトを見つけて藁にもすがる思いでメール致しました。
    今、術後矯正中ですが上顎の傾きは矯正で治るものですか?治らない場合、保険適用での再手術は可能でしょうか?
    スナップ写真でわかりづらいとは思いますが、わかる範囲で教えて頂けたら嬉しいです。
    1枚目は手術前で、2枚目は術後1ヶ月、3.4枚目は術後3ヶ月です。
    A
    広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
    送っていただいた術後3ヶ月の3枚目の写真では、上顎はわずかに右下がりのように
    見えます。
    それに対し4枚目の笑った写真では、上顎は左下がりのように見えます。
    要するに写真だけでは、正確な情報が得られず的確な判断ができないということです。
    実際の手術では、術中に顔貌を確認しながら調整するため初めの計画と違う骨の移動
    をすることがあります。
    また後戻りという現象もありますので、それを見込んだ位置に動かすこともあります。
    普通は、よほどのことがない限り再手術はありませんので、現在手術後3ヶ月という
    ことも考えると経過を見るのがよいでしょう。
    また矯正で上顎の傾きをとる方法としては、インプラントアンカーというスクリュウ
    を使うことによってある程度は可能ですが、写真だけの情報ではその必要があるのか
    も判断がつきかねます。
    いずれにせよ、気になるのであればどこかの時点で執刀された口腔外科医に尋ねられ
    ることをお勧めいたします。

    【相談者さんからの返信】

    返信ありがとうございます。3枚目と4枚目の写真は左右反転しており、説明不足ですみませんでした。次の診察の時に聞いてみたいと思いますが、アンカースクリューで可能と聞いて少し安心しました。

  • 2024年3月2日 神戸市北区 女性 噛み合わせが歪みすぎ

    Q
    噛み合わせが歪みすぎていて顔もどんどんおかしくなるし、片方だけほうれい線もひどくすごく辛いです。
    顎変形症は適応されますでしょうか。
    A

    広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
    送っていただいた写真を拝見しましたところ、断言はできませんが顎変形症
    の可能性はかなり高いように思います。
    ご希望がありましたら、相談の予約をお取りください。(Tel 078-576-0788)
    状態をみせていただいた上で、外科的矯正治療の手順、手術方法、期間及び
    費用等について詳しく説明させていただきます。

  • 2024年1月11日 神戸市 女性 手術や矯正は保険適用になりますか?

    Q
    はじめまして。
    子供の頃に受け口で、チンキャップで下あごを引っ込めました。
    大人になり、上の奥歯が内側にせり出していたので左右1本ずつ抜歯しました。
    今、通っている歯科で矯正は自費になるそうで、噛み合わせの調整をしてもらっていますが、顎関節症の症状で辛いです。
    アゴの左右ずれもあります。
    去年は就寝時のマウスピースも使っていました。
    (噛み合わせの調整が終わったら作り直す予定)
    実際に診ないと何とも言えないのは承知していますが、手術や矯正を保険適用でしていただけそうでしょうか?
    去年愛知から引っ越してきて、あまり土地勘がありません。
    まずは下調べとして質問させていただきました。
    A

    広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
    保険適用で治療ができるのは、咬み合わせの問題だけではなく骨格のずれが
    ある場合です。
    これに関しては、現在の状態を拝見しないとはっきりしたことは言えません。
    ご希望がありましたら、相談の予約をお取りください。(Tel 078-576-0788)
    拝見した上で、保険適用の可否、治療内容を説明させていただきます。

  • 2024年1月7日 再矯正の歯根吸収が気になります。

    Q
    こんにちは。
    一度矯正をしており、再矯正を考えています。
    こちらの院では外科矯正をしている方もいると伺いましたが、再矯正で外科矯正をすると歯根吸収はより進行してしまいますでしょうか?
    2回目の矯正なので、気になっています。
    また外科矯正と矯正のみならどちらの方が歯根吸収しやすいなどありますか?
    お手数ですが、ご確認いただけますと幸いです。
    A

    広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
    お尋ねの歯根吸収に関してですが、外科矯正をするかしないかよりも
    歯をどう動かすかの方が影響は大きいと思います。
    ですので再治療の場合でも、矯正単独で大きく歯を動かすよりも外科
    手術を併用することで歯の移動を小さくできれば、歯根吸収の可能性
    を低くできます。
    もちろん現在の歯根の状態が大きく影響するのは、言うまでもありま
    せん。
    相談に行かれる際は、歯根の状態が把握できる治療後のレントゲン写
    真を持参することをお勧め致します。

  • 2023年12月8日 愛媛県新居浜市 女性 娘が受け口気味です

    Q
    もうすぐ13歳になる娘の事です。
    幼児の頃から受け口気味で近所の矯正歯科へかかり7年以上ムーシールドを使ってました。
    治らない事に不安を感じたので、先日、別の矯正歯科へ相談・検査へ行きました。

    検査をした矯正歯科では、
    ⚫️上顎の成長期が過ぎたので、これから下顎の成長が止まるまで経過をみるしかない。
    ⚫️外科手術になる可能性が高い。
    と言われました。

    親として諦めきれず、「今から数ミリでも上顎を広げられる可能性があればお願いしたい」と伝えましたが、「もう一度検討はしてみるけどたぶん難しいと思う」と言われました。

    貴院で相談にのってもらうことは可能でしょうか?

    お忙しいなか恐縮ですが、お返事いただけるとありがたいです。
    A

    広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
    送っていただいた資料を拝見いたしました。
    結論から申しますと相談に行かれた矯正医と同じ意見です。
    つまり、今は何もせず経過観察ということです。
    ただし今後の下顎の成長が著しいものでなければ、外科手術は避けることが
    できるかもしれません。
    多少骨格的な問題があっても歯並びだけであれば、矯正単独治療での改善は
    可能だからです。
    もちろん成長が止まった時点で、歯並びだけでなく顔立ちを含めたトータル
    なゴールを考慮して治療法を選択する必要があることは言うまでもありません。

  • 2023年11月27日 加古川市 女性 顎変形症と診断される可能性はありますか?

    Q
    はじめまして

    顎変形症の手術についての質問です。

    私は歯並びが悪く姫路の医院でインビザラインで矯正し、今はリテーナーの2年目です。

    当初は前からの見た目のみで、横顔の事は気にしておらず、、
    というより恥ずかしながら矯正で治ると思っていました。

    先生からも顎が小さいとは言われましたが手術について打診されなかったと思います。

    最近になり、顎のなさが気になり治したいと思うようになりました。

    矯正もまだ気になる部分がありますが、既に親知らず?4本抜いてしまっています。

    今後、顎変形症として診断される可能性 、また診断された保険適用で手術などは出来る可能性はあるのでしょうか?
    その場合の費用は幾らほどでしょうか?

    よろしくお願いします。
    A

    広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。

    写真を拝見致しましたが、写真の情報からは重篤な骨格、咬み合わせのズレは

    ないように思えます。

    ですので顎変形症と診断するのは困難であると考えます。

    もし口元の突出感などが気になるようなら小臼歯4本の抜歯スペースを利用して

    前歯を後退させる治療法になるでしょう。

    治療を受けられた矯正医に相談されることをお勧め致します。

  • 先生のところでは何歳ごろから治療が可能でしょうか?

    Q
    広瀬矯正歯科医院
    院長
    広瀬豊様

    ご返答ありがとうございます。
    ホームページ拝見しました。
    先生のところでは何歳ごろから治療が可能でしょうか?
    4歳ではまだ治療が難しいでしょうか?
    A

    広瀬矯正歯科院長の広瀬豊です。
    治療開始の時期は、お母さん方にとって最も関心のある点だと思います。
    早ければ早いほど良いという考え方もありますが、私は必ずしもそうだとは思っていません。
    なぜなら治療の開始時期は、早くすることのメリットとデメリットを天秤にかけた上で決める必要があると考えているからです。
    それは治療効果と治療期間等を総合的に考慮して決めるということです。
    具体的な治療開始時期は、4本の永久前歯と第一大臼歯が生えた頃が理想に近いと思っています。年齢的には6、7歳ぐらいでしょうか。
    もちろんそれよりも早い時期に始めた方が良い場合もあります。
    その代表的な例は、極端な骨格性の受け口と下あごが横にずれている場合です。
    繰り返しになりますが、治療開始時期は、年齢で決まるわけではなく、患者さん毎に様々な要因を考慮して決まるということです。

TOP