livedoor Linspire
サイトマップ | ホーム
兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F  広瀬矯正歯科
TEL.078-576-0788(予約制)
ホーム > 治療の考え方 > 早期治療(子供の矯正)
Dr,PROFILE

TREATMENT

CLINIC INFOMATION

ONLINE COUNSELING

早期治療(子供の矯正)
 混合歯列期(乳歯と永久歯がある時期)や乳歯列期後期に始める治療法でその目的は永久歯がはえそろう前に顎骨や歯槽骨(歯が生えている周りの骨)、筋肉の不調和を改善し、お口の中の環境を整えることです。

主な症例
術前・術後例
治療内容
上あごの成長を押さえる治療。
下あごの成長を促す治療。
上あごの成長を促す治療。
下あごの成長を押さえる治療。
骨、歯列を左右へ拡げたり、奥歯を後方へ動かし、スペースを作る治療。
乳歯から永久歯にはえかわる時期に永久歯のはえるすき間を保つ治療。
舌の癖をなおすトレーニング(MFT)や骨格のコントロールなどを行う治療。

 これらを行うことにより結果的に歯を抜かないで治療できる可能性が高くなります。(非抜歯治療参照)

 早期治療にはこのような良い点がありますが欠点もあります。
それは長期間の治療が必要となることと患者さんの協力がなく、目的とした効果が得られない時はやはり抜歯が必要となることです。

当院における小臼歯抜歯の年令別割合
およその歴齢年令 歯の状態 歯牙年令  割 合
6歳〜8歳 前歯と第1大臼歯がはえている 3A 15.2%
9歳〜11歳 前歯と第1大臼歯の間の歯がはえ代わり中 3B 42.9%
12歳〜17歳 第2大臼歯がはえ始める 3C 56.9%
18歳〜 第3大臼歯がはえ始める 4A 66.2%
20歳〜   Adult 72.7%

 このデータからわかることは開始が早いほど抜歯せずに治療できる可能性が高くなるということです。
 早期治療を成功に導く秘けつはstep by stepつまり階段を一歩一歩昇っていくようにやるべき時期にやるべきことを確実にやっていくことです。
また治療が予定どうり進まない時は装置を代えたり、あるいは治療計画の変更が必要となることもあります。
治療が横道にそれるのをいち早く見つけるためには患者さんの記録を残しておくことが重要です。たとえば当院ではすべての患者さんに”主な症例”に示すようにポイント毎に歯の写真を撮っています。
 そして1年〜1年半毎に御本人、保護者の方にその写真をお見せしながら経過の説明を行っています。

<< 治療の考え方・主な症例

CLINIC INFOMATION
広瀬矯正歯科
(自立支援医療(旧更生・育成医療)機関・顎変形症保険取扱機関・日本矯正歯科学会認定医・専門医)
〒652-0802 兵庫県神戸市兵庫区水木通1-4-29 みづほビル2F [詳細マップ]
TEL.078-576-0788(予約制) 
診療時間.10:00〜12:00 14:00〜19:00 休診日.木・日・祝祭日 


Copyright (C) 2004-2016 HIROSE ORTHODONTIC OFFICE. All rights reserved.

矯正歯科のスーパーカウンセラー歯並びTV